アイノスブログ

Staff Blog

予算オーバーしないための考え方②

2021.07.20家づくりについて

こんにちは。富山で自然素材にこだわるホンモノの家、フジ創アイノスです。

前回の続きで、家の面積を10帖分縮める考え方をお話しします。

例えば、『廊下』は、必要不可欠なものでしょうか。
意識せず間取りをつくってしまうと、案外出来てしまうのがこの『廊下』です。

この『廊下』を出来るだけつくらないように設計することが合理的な面積カットの第一歩となります。

コスト削減.png

また、平屋の場合、全ての部屋と収納が1階にあることから、2階建てでは当たり前となっているコトを、なくしたり減らしたりすることが出来ます。

まず、なくすことが出来るのが『和室』です。
寝室と子ども部屋が2階にある2階建て住宅の場合、子どもたちが自分の部屋を上手く使えないこと、また、1階がリビングだけでは使い勝手が悪いこと、(親御さんが泊まりに来た時に寝る部屋がない)そして、足腰が悪くなった時に備えて、1階に和室を作らざるを得なくなります。

他方、平屋は寝室も子ども部屋も1階にあるため、こういったことに備えて『和室』をつくる必要がありません。
子供たちが小さいうちは、子供たちは自分の部屋で寝ないでしょうから、親御さんには子ども部屋で寝てもらえばいいわけですしね。

子供部屋.png

そして、減らすことが出来るのが、寝室や子ども部屋の広さです。

というのも、寝室は文字通り、ただ寝るだけの部屋だからです。
昔のように、タンスやドレッサーといった場所をとる荷物もなければ、寝室の近くに大きなクローゼットをつくることが当たり前となっているからです。

また、子ども部屋に関しても、無駄に大きくつくる必要はありません。
子供たちはやがて家を出て行くため、そうなれば、この部屋を持て余すようになる可能性が高いわけですからね。

設計.png

いかがですか?

これらの中でなくてもいいかな?と思ったものを減らしていけば、あっという間に10帖ぐらい削ることが出来ます。
予算を抑える参考にしていただければと思います。
もちろん、予算が許すのであれば、和室も寝室や子ども部屋も自由に作ってください。

------------------------------------------------------------
フジ創アイノス
富山県高岡市江尻846-1
TEL0800-200-2661
https://www.fujisou-ainos.com/
-------------------------------------------------------------